20代で異業種へ転職

20代で異業種への転職を考える人は多いものです。20代でも転職においては20代前半と20代後半では全く条件が変わります。企業としても人材を長期確保を行うためになるべく若くて出来る人材を確保したいと考えていますので、30代。40代などと比べて若さという面では断然20代は有利であると考えられます。

しかし、単に若いというだけではいけません。若いだけなら全くの新卒者を採用したと考えるのが一般的です。企業が中途採用者に求めるものは、ずばり即戦力なのです。特に中小企業は人材の教育システムなどが整備されていない企業がほとんどですから、そのあたりのコストや時間を節約できる即戦力となる中途採用者が一番欲しい人材なのです。

20代の転職でも25歳から30歳までの人材は中途採用でも企業からのニーズが高いのは、5年以上の仕事経験がありスキルも発展途上ではありますがある程度備え持っていて、社会常識も少しは分かってきたという若い伸び盛りの人材だからです。

若いのでまだまだ柔軟力があり30代後半以上の人に比べて異業種からの転職でも異業界に対して順応力があるという意味ではある意味、新卒者以上に欲している企業は多いでしょう。

反対に20代前半の異業種転職希望者は20代後半の人に比べて企業からのニーズが下がります。ニーズが下がる理由は経験とスキル、実績がほぼないということです。実績がないなら新卒者を採用した方がよいと考えるのは当然の流れでしょう。20代前半での異業種からの転職を希望する人はそのあたりの自分に対する企業側の評価を客観的に分析する必要があります。

企業の人事部からしてみれば実績がなく前職を退社して異業種への転職を求めている人をあまり好意的には見てくれないものです。若いゆえに思い立ったら早急に手を打って異業種に飛び込むのもよいですが、もう少し今の会社で何か一つでも実績や経験を積んで転職するというのも考えてみた方がよいかもしれません。鉄は熱いうちに打てといいますが、あと数年がんばって何か自分の自信につながるものを見つけてから転職活動すると自己アピールも地に足がついたものになります。

タイミングを見極めるというのは難しいものですが、転職を希望するならば転職するまでの期間を有効に活用してスキルアップをしたり、自己分析をして考えを整理したり、希望業種の情報を集める期間にあてるのもいいでしょう。20代であっても、焦りは禁物です。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら