30代で異業種へ転職

30代の中途採用者を求めている企業は非常に多いものです。年代別に区切っても一番需要のある年代です。35歳が転職限界年齢という意見もありますが、決してそんなこともありません。

異業種への転職というものはやはり応募する側にも非常にリスクがあります。しかし、10年ほど社会人を経験してきて仕事のスキルも経験も多少はあり、柔軟性もある30代というのは最も異業種への転職に適した年齢といえるかもしれません。

30代の異業種転職でも同職種への転職は案外すんなり転職できる場合が多いのです。企業が中途採用者に求めているものは、即戦力です。業界が全く違っていても職種が同じなら前職の経験や実績を充分活かせる可能性が高いので企業にとっても納得して異業種からの転職を受け入れます。業界を変えて働きたい理由や企業に興味をもった理由を上手く説明できると好印象です。ただ20代後半の人材に比べるとニーズが下がるので、その分自分の前職の経験やスキル、実績をどのように仕事に活かせるかを長期展望で答えられるようにしておきたいものです。

30代異業種転職でも厳しい状況にあるのが異業種でも異職種への転職です。転職に必要な即戦力も実績もないわけですから苦戦を覚悟しなければいけません。しかし、最近の日本景気の回復により企業は人材不足に陥っていますし、経営者なのかには何の経験もない全く即戦力にならない人材の方が変な固定観念を持っている人よりも使いやすいという人もいます。自分の仕事に対する希望をある程度つけたらとにかくあまり選り好みせずにどんどん果敢にチャレンジしてみましょう。

また厳しい状況で異業種転職できたとしても30代後半で異業種異職種に転職するということは今までの自分の仕事の環境が一変するということですので非常にストレスがかかることは避けられません。そのことは常に覚悟しておかなければいけません。

35歳からの転職でも専門的スキルや経験の豊富さを持ち合わせている人は自分が思っている以上に企業からの評価が高くなる可能性があります。そのためにも自分の今までのキャリアを自己分析して企業の為にいかに役に立てるか、具体的な場面を想定してまとめておきましょう。自己アピールに人事担当者が興味を持って納得させられるかということが採用のカギです。特に前職と希望企業との接点を重点的にチェックしアピールします。どんなに異業種でもなんらかの共通点は必ずあるはずです。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら