40代で異業種へ転職

40代で異業種へ転職は個人差が非常にあるということです。企業は当然即戦力となりやる気のある人材を探しているわけですが、40代の採用となるとハードルが非常に高くなります。特に異業種への転職となると専門スキルは欠かせません。

40代には20年ほどの社会での経験、スキル、常識、人脈・・と20代、30代にはない強みがあります。これら全て今までの自分を冷静に見つめなおす作業は非常に大切になってきます。働き始めの若い時代から自分は一体何をしてきたのか、何ができるのかという点を重点的に一度棚卸しする感覚で書き出して考えをまとめてみましょう。

企業は中途採用者には実績を求めています。これは40代ともなるといろいろな難所を潜り抜けてきた経験、新たなプロジェクトを立ち上げてきた経験があるはずです。異業種への転職を希望する希望しないに関わらず、このような実績は特に人事担当者の聞きたいことでもあります。そしてなぜ同業種でなく異業種に40代で転職したいと思うのかというところは必ず考えをまとめておきましょう。

35歳が転職定年というような考え方もありますが、このような固定概念は捨てた方がよいでしょう。40代には40代の良さがあり、そのような理解のある企業と縁があれば前職よりも年収など待遇がアップして転職したという例はあります。しかし、例えば40代まで取り立てて専門スキルもないというような人はかなりの苦戦をする覚悟が必要です。専門スキルといっても例えば営業を専門にやってきたというならば業種が少々変わろうと応用が利きます。企業の方も異業種からの転職者を受け入れることで業界特有の概念を打破したり、違う発想力を持っていたりとプロパー社員にない新しい風をもたらして欲しいという期待感もあるのです。

経験が豊富である程度仕事に自信のあった人でも、異業種への転職では新しい業界を一から学ばなくてはいけません。マネージメント経験を買われて転職したとしても業界では素人同然ですから、年下の上司から指導を受けたりと精神的にもかなりストレスになるはずです。しかし、現場で働くほかの社員と仲間になって一緒に働く、仲間になるというような柔軟な姿勢でスタートラインに立つということができないと転職は出来てもその後の仕事が上手く行くわけがありません。

結果を期待されて転職したからといって、結果だけを追い求めて周りとのコミュニケーションをおろそかにすると孤立した一匹狼になってしまいます。経験のある40代であるからこそ深みのある人間性が大切になってくるのです。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら