50代で異業種へ転職

50代での転職は非常にハードルが高いと覚悟しておいた方がよいでしょう。応募書類を提出しても書類審査にすら合格できないというパターンがほとんどです。ですから余程のことがない限り現職に留まる方が無難です。多少年収が下がろうが待遇が悪かろうが転職してまで現状を回復しようとしてもなかなか上手くいきません。

しかし、リストラや事業縮小で働く場を失った場合は転職活動をしなければならないわけですが、かなりの苦戦を強いられるだけでなく、精神的ダメージも想定しておきましょう。まず、転職して前職よりも待遇が良くなるというパターンはごく少数であるということです。実際はそれ以下、下手すると半分以下の年収になったという人も多いのです。正社員の採用ならまだいい方で、結果的に契約社員などで妥協するというパターンもあります。

異業種への転職となると50代の強みであるキャリアがゼロに戻って一からのスタートになりますので企業も50代で異業種に転職してくることにあまり興味を持ちません。50代で異業種に転職して成功しているひとはどのような活動をしたかということですが、多くの場合は専門的なスキルや資格があり実践、実績があることです。その為にも今までの自分のキャリアをもう一度よく振り返ってみて実績の詳細を履歴書や職務経歴書に書いて自己アピールしましょう。

意外に多いのは、取引先の企業からの誘いで50代での異業種転職です。長年、その人と関わって仕事をしてきた人は、その人に人柄や仕事ぶりを良く理解しています。そういった場合こちらが特に転職を希望していない場合でもいわゆるヘッドハンティングというかたちで企業側からアプローチしてくる場合もあります。この場合は、企業側に全面的に求められての転職ですから、年収やポジションなどは現職以上のものを得られる場合が多いです。

また、知人に自分が転職活動をしているということをアピールしていると、うちで働かないか?というようなありがたい誘いで異業種転職を果たす人もいます。50代ならではの人脈を駆使すると思ったより容易に転職できるかもしれません。また、人材のコンサルティング会社に人材登録をして、専門のコンサルタントから紹介やアドバイスを受けて採用にこぎつけるという場合もあります。

50代の異業種転職は想像以上に厳しいものですので、結果を早急に求めないことも大切です。ゆっくり腰をすえて業界研究、企業研究などをしながらじっくり時を待ちましょう。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら