第二新卒で異業種へ転職

第二新卒で異業種への転職を成功するためにはいくつかの条件があります。第二新卒というのは新卒で就職した企業を3年以内に退職した人を指す場合が多いですが、キャリア転職の中途採用と根本的に違う点はほぼ仕事に実績がなく新卒と能力が等しいに近い常態であるということです。

企業はここ最近の日本経済の景気回復で求人数が増えました。これはバブル経済崩壊後の不景気やリーマンショックなどで人員を削減したり、新たに人材を補給していなかったためです。特に中小企業などは慢性的に人材が不足しているために早急に人材確保をしたいわけですが、全くの新卒者を一人前にするコストや時間がかかります。企業はある程度にリスクを負うわけですが、大手企業ならそのあたりの体制やコストはカバーできますが、中小企業では教育体制すら整っていない会社というのは多いものです。そういったときに経験やスキルのある中途採用者を採用するという流れになります。

キャリアのある中途採用者なら即戦力として役立ちますが、少ないキャリアで実績もない第二新卒という人を企業が求めるにはなかなかリスクが高いと企業側も考えます。第二新卒者というのは、新卒時に採用された会社を短期間で退職している人ということで採用するにあたってはあまり良い印象はありません。その人は学生時代に具体的な仕事観を持たずに単純に採用された会社に就職したけど、いざ仕事をしてみると自分がしたい仕事ではなかったというような理由で辞める場合が多いのです。これは非常に残念なことですが、企業としては安易に受け入れられる理由ではありません。では、企業は新卒者と能力はさほど変わらない異業種からの第二新卒者の何を見ているのでしょう。

異業種からの第二新卒者でも、非常に高学歴である場合や新卒時に採用された企業がある程度入社するのに困難である企業であったこと、また、ある程度自分がしたいと思う仕事に近い職種に就いたり、関連企業に入社しているというような人は異業種からでも転職を成功できる可能性が高いです。

人事部としては、20代後半から30代前半の中途採用者に求められる実績は第二新卒では求めていません。それよりも新卒の時点で自分の希望する道がある程度見える会社や職種についた人や入社困難な会社の入社試験を突破したという実績を評価しているのです。学歴よりもむしろこのような前職の就職の実績を見ています。

全くの未経験で異業種からの転職でもこのあたりのポイントをクリアしていればまだまだ見込みがあるとおもってよいでしょう。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら