異業種への転職に適した年齢

転職するなら35歳までにという説があるようですが、本当に35歳までが転職の限界年齢なのでしょうか?特に異業種への転職の場合、ただでさえ異業種へ移ることに自分で引け目に感じたり、弱気に感じてしまう人が多いものです。一部には異業種転職の限界年齢は27歳という説もあるようです。

企業は転職してくる人に何を求めているのでしょうか?中途採用者に対して企業はその人の前職でのスキルと経験期待して採用している場合が大半です。確かに30歳までの人は未経験の異業種、異職種の仕事に就ける率が高いと思われますが、一番不足しているのは経験です。異業種でも前職で例えば営業をしていた人は業界が変わっても営業のノウハウの基本スキルはあるわけで、商品などの勉強をすれば即戦力になる可能性は高いのです。そういう意味では20代よりも30代の方が経験も豊富で専門的なスキルも高く、社会常識もあるという意味では企業は欲しがっています。

異業種に転職するにあたって適した年齢というのは特にないということです。35歳を過ぎた人材でも若さは20代にはかないませんが、それに勝る経験と実行力、戦略力、情報分析力、コミュニケーション力・・・と経験のない若い人にないものをたくさん持ち合わせています。

企業が本当に欲しいのは若さではなく、そういった個人の能力が欲しいのです。若い人にはないものを充分持ち合わせているならば、異業種の転職であろうが、年齢が高かろうが心配はいりません。10年経験のある人、20年経験のある人は自信をもって行動することです。新卒の若い社員を採用してもはじめの3年は企業にとってはまだまだ戦力にならないことが多いのです。

全くの異業種であっても前職との共通点をさがしましょう。共通点をさがしてそのスキルがどういった場面で活用できるのかということをアピールしていきましょう。同業界からの転職は一見即戦力になるのでいいイメージがありますが、今企業が求めているのは既存の概念を覆すような斬新なアイデアを持っている人、そして行動できる人です。

一昔前は、外資系企業は経験のある中途採用を業種の垣根を取り除いて採用するといったような動きがありましたが、現在では国内企業でも新たな風を求めています。シニアクラスの人でも、経営の中核を担うためにヘッドハンティングしてくるような時代です。自分に自信とプライドをもって年齢に関係なくチャレンジしてみましょう。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら