異業種からヘッドハンティングされるには

転職を希望する人なら企業からヘッドハンティングされて転職してみたいものではないでしょうか?ヘッドハンティングで転職することはポジティブなイメージがあります。年収がアップしたり、ポジションがアップする可能性も大きいですし、何よりヘッドハンティングしてくる企業はその人の能力を高く評価してくれているのでわざわざヘッドハンティングしてくるので、その人の今までの経験や能力を存分に活かせる仕事ができるはずです。

ヘッドハンティングしてわざわざ人材を確保する企業はどのように個人的にアプローチしてくるのでしょうか。多くの場合は、確実に狙いを定めた人材確保を早急にしたい場合に求人広告を出さずに人材を探そうとします。人材の情報としては、取引先で優秀な人材を狙う場合、知り合いからの口コミでアプローチしてきたりしますが、大企業にしても新興のベンチャー企業にしても転職のための人材バンクや専門のヘッドハンターをもつコンサルタント会社などからの紹介でアプローチしてくる場合が多いのです。

ある日突然会社の自分のデスクにうちの会社で働きませんか?というような電話がかかってくるようで、どこから自分の個人情報を得ているのかという不信感があったり、仕組みが不明であるので警戒する人が多いようです。ヘッドハンティングには興味があるが、なんとなく怪しいと感じる場合は即答せずに返事を保留して、その企業のことを良く調べてみましょう。情報収集の結果、信頼できそうな企業で将来性があるならば、具体的な話を聞いてから考えればいいのです。

ヘッドハンティングされたいという人は、日ごろからどのように活動していればいいのでしょう。多くのヘッドハンティングされて転職した人は、やはり日ごろから前向きに仕事をしている人が多いです。例えば、今の仕事の専門性を高めるための勉強を常にしてスキルアップの努力をしていたり、資格取得の勉強をしています。また、具体的な勉強をしていなくても、難易度の高い仕事に積極的に取り組み自分を成長させて自信を得ていたり、人脈を広げるために社外のセミナーや研修に参加しています。専門性だけでなくマネジメント能力などの勉強をしていると業務などの専門性に比べて広く活用できる能力なのでいろいろな業種にも応用できるので有効です。

スキルアップだけでなく、定期的に自分のしてきたキャリアを振り返るという作業も重要です。常に自分を冷静に分析し能力を整理しておくと、自分は何ができるのか、何をしたいのかを見つめなおすことになりますので、いざヘッドハンティングされた時にも役にたちます。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら