未経験でも異業種へ転職できる?

転職する理由はいろいろありますが、全く経験のない異業種に興味を持って転職したいという人は多いものです。しかし、転職するに際して経験のない自分を採用してくれる企業があるのかというのは皆一様に不安に思っているはずです。

そもそも企業は中途採用者を採用する場合は、基本的に即戦力になる人材を欲しているのです。右も左も分からない人材を採用しても一人前にするまでに教育する費用がかかってきますのでコストがかかるのです。どうせコストがかかるならば全く何色にも染まっていない若い新卒者を採用して自社カラーに染め上げたいと考えるわけですが、最近の就職状況としては全く異業種からの中途採用者を積極的に採用する企業が増えています。

背景としては、景気が上向き加減になってきたために求人数が増え、人材確保に企業は苦戦していることがありますが、中途採用者の中でもとりわけ全く異業種からの採用が増えている理由は、企業が異業種からの新しい斬新なアイデアや考え方を取り入れて、事業の突破口を見つけたい、新しい風穴を開いてグローバルに新事業を立ち上げ、利益増加を考えているという理由です。

ですから、全く異業種からの転職でも前職までの専門スキルと豊かな経験があればかえって有利に転職できる場合もあるのです。全くの異業種であっても例えば前職で営業のノウハウを持っているならば、転職先の企業でも営業というスキルを持っていることを全面的にアピールしてみるとよいでしょう。ポイントは前職と転職希望先企業での仕事で共通な部分を探して自分の能力を発揮できるとアピールすることなのです。

異業種への転職は、一見若い方が有利と考えがちですが、一概にそうとは言えません。30歳までじゃないと異業種への転職は無理などという人もいます。確かに若い人は就業年数を確保できるので企業としては安定した人材確保の面ではメリットがありますが、若いということは経験もスキルも何もないに等しいわけですから、新卒を採用しているのと変わりありません。転職する人にとってみても年齢は新卒よりも高いわけですが、給与面などでの評価は新卒並なのですから待遇の面では有利とはいえません。逆に30代、40代、50代の異業種からの転職の方が多方面での経験を買われて待遇がアップした転職もできるわけです。

しかし、何より必要なのは「やる気」です。やる気がないといくらスキルを持っていても意味がありません。未経験でも「やる気」があると企業も育てがいがあるわけで、やる気とガッツで採用されることはよくあるわけです。未経験で自信をなくす前に、面接などではいかに自分がやる気をもって働きたいと思っているかをアピールしましょう。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら