異業種へ転職時の面接対策

異業種への転職に際して面接では何が質問されるのでしょう?異業種への転職ならではの質問をあらかじめ把握しておくことは大切です。質問内容をあらかじめ想定して考えておくと突然の困った質問にも対応できることでしょう。

一般的に前職までの経歴とスキル、ゆたかな経験があったほうが中途採用には有利になるはずです。しかし、あえて異業種への転職に応募してくる人に対して人事担当者はいろいろな単純な疑問を投げかけてきます。

例えば、「なぜ前職を退職したのですか?」というような退職理由は必ずといっていいほど聞かれます。それに対して「新卒で内定が出たから一応働き始めましたが、思っていた仕事と違ったので辞めました」とか「上司が合わない人でした」というような返答は非常に印象が悪いです。嫌になったらすぐに辞めるというような心象を与えかねません。また「業種が違うこの会社をどうして選んだのですか?」という質問に対して「興味がありました」というだけでは説得力に欠けます。自分の夢や興味だけを語っていても企業としてもあまり興味がわきません。

前職と大きく業界が違ったりすると、「続けていけますか?」というような意地悪い言い方で質問される場合があります。意地の悪い聞き方に対しても決して悲観的にネガティブにならず前向きにポジティブに答えましょう。異業種への転職というのはもともとハンディのある転職ですのでハンディもプラスに感じるような具体例というのが必要です。

異業種でも全く仕事内容が違うと考えるのではなく、少しでも同じような共通点のある仕事の経験を探しましょう。過去の経験で得たスキルをこの会社でも生かすことができるという具体例を紹介しましょう。具体例があるほうが聞いている試験官もイメージしやすいですし、説得力があります。

自分は異業種の職場であっても即戦力となってやっていく自信があるというポジティブさやフレキシブルな面を全面にアピールしましょう。ただ気をつけなければいけないのは前職でのプライドがあるあまりに自己自慢になってしまいがちなことです。プライドは大切ですが、あくまで謙虚に向上心をもって異業種への転職にチャレンジしているという姿勢が大切です。

ポジティブに、しかも謙虚に答えることが面接で高評価を得ます。具体例を挙げて仕事の共通点を見つけ、会社への貢献度をアピールすれば異業種からの転職というハンディが逆に好印象を与えることも可能です。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら