異業種へ転職時の志望動機

志望動機というのは転職の際の面接において、試験官が応募者に一番聞きたいことではないでしょうか?この志望動機が試験官の心をつかむものであったかどうかというのは採用の合否に直結します。それだけ重要であるということです。

面接試験官の心に好印象を残すことができれば何より評価が高く、いまひとつ印象に残らない分かりにくい志望動機だと評価が低く不採用になる可能性が高いのです。景気回復に伴い雇用状況は良くなってきていると言われていますが、中途採用のとりわけ異業種からの転職というのは同業種からの転職よりも厳しい印象があります。異業種からの転職の志望動機として評価が高い志望動機、また評価が低い志望動機というのはどういったものでしょう?

まず評価の低い志望動機は志望動機自体がはっきりせず説得力がないものです。なぜその企業に興味をもったのか、または異業種からの転職ではあるが、どのような点からこの業種に興味をもったのか、今の自分には何ができるのかということに焦点を当てず、あやふやにしたり、その企業が異業種から未経験者を受け入れているという点ばかりを主張するような動機は評価が低いです。真摯に真正面から具体的に何ができるのか、何に興味があるのかを答える必要があります。説得力に欠けるコメントはマイナス評価です。

逆に評価が高い志望動機は、いくら異業種からの転職であっても自分の今までの仕事内容でその企業との共通点を見つけて自分は役に立つという点をアピールして試験官を納得させるようなものです。例えば、前職で人とのコミュニケーション力を身につけたならば、そのコミュニケーション力をこの企業の営業や人事管理に役立足せることができるだとか、社内の部署を取りまとめるような仕事ができるというように具体的な場面を織り込むとよいでしょう。

評価を高くするには、具体的に接点を例として出して、試験官になるほどと思わせることが大切です。端的に分かりやすいコメントということも重要です。ただだらだらと自分の事情を説明していても全く意味がありません。

いかに異業種からの転職であったにせよ、この企業でも即戦力となって貢献できるということを説明することが大切です。企業としてはたとえ未経験者でも応募可能としていても全く役に立たない人を採用するほど寛大ではありません。前職で培った経験とスキルを多方面でも活用できる人材に対して広く門戸を広げているのです。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら