異業種への転職で失敗しないために

異業種への転職というのは非常に困難なことが多いものです。しかし、思い切って転職してよかったなと思える転職ができた成功を勝ち取った人と、しまったというような失敗の転職をした人がいます。転職を失敗しないためにどんなことに気をつけたらよいのでしょう。

転職するにあたって何が成功で、何が失敗なのでしょう。成功や失敗はそれぞれ個人の価値観によって違います。一部上場会社に転職できて年収もアップしたというのが成功例とは限りません。大企業で働きたいのか、給与を上げたいのか、休みを増やしたいのか、好きな事を仕事にしたいのか、家族中心に暮らしたいのか、人間関係を重視したいのか・・・と個人によって働き方の希望はさまざまです。異業種からの転職にあたって、自分は仕事に何を求めているのか、何をしたいのかということを良く考えてみましょう。

何も考えずにただ異業種にさえ転職すればよいでしょうか?何をもって自分の転職は成功となるのかというビジョンがないと転職は成功しません。まして異業種からの転職となると業界が違うことにより、自分の企業に対する常識まで通用しなくなります。今まで自分が普通だと思っていたことが、非常識だったり、通用しないことは多くあります。そういった精神的ダメージもその後の仕事へのモチベーションを下げ、転職はできたものの満足いかない転職に終わってしまうのです。

特に異業種への転職は、何もかもが知らないことばかりです。何を重視した転職にするのかを考え、その企業が業界に占める割合や意味、今後の展望をよく研究しましょう。転職は転職できたら成功なのではなく、その後の生活が自分の価値観にあったものであってこそ成功といえるのです。

最近は全く業界外からの中途採用の求人が増えています。景気が低迷していた時代は異業種からの転職は本当に難しいものでした。異業種からの転職ではキャリアもなくスキルもないという概念があったからです。しかし、異業種から人を採用することによって業界が活性化されたり、固定観念に縛られることなく新たなアイデアが生まれるなどのメリットがあると企業も考え始めました。しかし、それはその人が前職で養ってきたスキルを全く無視しているわけではなく、企業としては仕事の共通点を生かして欲しいと思っているのです。

異業種に転職するにあたって、年収や休日、残業、ノルマなどいろいろなことで業界が違うと自分の価値観が全く通用しない場合があります。入社する前に必ず人事部などになるべく詳しい情報を聞いて納得して転職しましょう。せっかく転職するのに、こんなはずではなかった・・・というようなことのないようにしたいものです。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら