異業種へ転職時の自己PR方法

異業種からの転職というものは一般的に同業種からの転職よりも不利なものです。それは企業は中途採用の場合、あくまでも中途採用者の前職での経験とスキルを評価して採用し、自分の会社でいかに即戦力となってバリバリ働いてくれるかということを見ているからでしょう。企業は奉仕活動で異業種からの未経験者を募集しているわけではありません。その点をわきまえて応募しないことには採用を獲得することはできません。

景気回復の傾向からあらゆる分野、業界で人材不足が叫ばれています。そのため、同業種からの転職者だけに限らず、企業は異業種からの転職者も広く募集しているのです。しかし、企業側からしてみると中途採用するということは、即戦力になる経験豊かな人材が欲しいのが本音です。全く異業種でも即戦力になるスキルを持っていれば全く問題ありませんが、一から全てを教育しなければいけない人材は正直言ってあまり採用したいとは思っていないでしょう。

あえて異業種への転職を希望するならば、自己PRで人事担当者が納得するようにアピールする必要があります。まず、異業種に転職することに関して、人事担当者は「どうして、わざわざ異業種へ?」という疑問を持ちます。その疑問に対して単に「業界に興味があるから」だとか、「一生懸命がんばります!」と訴えるのではなくて、どういう点に興味があったのか、前業種との関係性、共通点、自分の持っている経験とスキルがいかに異業種でも役立つかといったところから責めていかなければいけません。全く関連性のない業種でも自分が持っている資格などで役立つものがあれば必ずアピールします。

全く異業種であっても、自分のしてきた仕事や経験やスキルがこの企業のどういうところで役立つのかを具体的にアピールします。たとえば、取引先といろいろな交渉を仕事としてきた人は交渉力があることを共通点にその企業の具体的な場面を想定してアピールします。お客様とのかかわりやサービスをしてきた人は、コミュニケーションのスキルを生かすことをアピールします。部下を持ったことがある人はマネジメント力という具合に具体的に共通点をみつけてアピールします。共通点を見つけることが大切です。

異業種への転職が重なってくると人事担当者もどうして異業種ばかりに転職するのかと疑問や不信を抱きます。軽い気持ちで応募していると思われても仕方なくなります。ですから、異業種を希望する人はそれなりに毎回慎重に仕事を探さなければいけません。単に「面白そう」「楽しそう」「興味がある」といったあまりやる気を感じさせないアピールでは採用を勝ち取れません。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら