異業種への転職時には資格があると良い?

現代のビジネスシーンで異業種への転職に役立つといわれているのは資格と語学力です。ビジネスの細分化、専門化が進んでおり、未経験から異業種への転身が難しくなっていることから実務経験の欠如を補うためのプラスアルファが求められているのです。その一方で各業界ではビジネスの柔軟性や流動性、斬新な発想を求めるといった事情から異業種からの中途採用に乗り出す企業も増えています。そのため前の職場でのキャリアをアピールしつつ、その業界への適応力を証明する資格の保有が転職を実現するうえでの重要な鍵となるのです。

こうした状況ですから、資格にもできるだけ専門性が求められること、そして時代のニーズに応えるものでることが求められます。そのためすでに特定の資格を保有している場合にはその資格を高く評価してもらえる業種を転職先として選んでいくことが大事ですし、これから資格の取得を目指す場合には転職を希望する業種で役立つものを選んでいくことが必要になります。

異業種への転職時にあるとよい資格には2つのタイプがあります。まず最低限備えていなければならないもの。その資格を保有していないとそもそも応募すらできないというものです。普通自動車の運転免許のほか経理の場合は日商簿記2級、不動産会社の場合は宅地建物取引主任者など。そのほか薬剤師や建築士、栄養士などその業務を行う際に保有していなければならない資格もあります。

もうひとつは保有していることで採用とその後の昇進・昇給に有利になる資格。代表格では日商簿記1級、建築士1級などが挙げられます。さらに近年ではファイナンシャルプランナー、中小企業診断士、社会保険労務士などの需要と評価が高まっています。他にも取得のハードルが高くなりますが公認会計士やアメリカのMBA、税理士などの資格もビジネス関連の資格として需要が高まっています。

ですから異業種への転職を目指す場合には最低限必要とされる資格と、保有していることで大きなアピール材料になる資格の両方を視野に入れながら取得を目指したり、転職先を探していくことになります。資格によって難易度や取得までにかかる期間に違いが出てくるので情報収集が必須です。

現代の転職は勝ち組と苦戦する組とがはっきり分かれやすいといわれます。異業種への転職は困難といわれている一方で「華麗なる転身」を成功させるケースも決して少なくありません。そんな状況の中で見事転職を成功させるためにも、資格を武器として最大限に活用できる状況を心がけていきましょう。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら