異業種への転職で大変なことは?

異業種への転職ではさまざまな困難がつきまといます。それを覚悟の上で転職活動を行っていくほか、できるだけ困難を避けるための転職先探しや対策も必要になります。

異業種への転職でまず大変なのは応募条件をクリアすることでしょう。専門性が高い業種であればあるほど、あるいは本人の年齢が高くなればなるほど異業種からの転職を受け入れている求人が限られていきます。その業種でキャリアの再スタートを切りたい、と思ってもそもそも求人が見つからないことも多いのです。情報収集に力を入れて日ごろから最新の情報をチェックできる環境にしておくことが大前提ですし、自分が応募できる求人を見つけるまでに時間がかかってしまう可能性もあります。転職はスピード勝負な面もあるだけに大変です。

それから自己アピールの方法。状況にもよりますが、異業種への転職は原則として前の職場でのキャリアがあまり評価されない状況下での転職活動となります。同業種への転職なら職務経歴書に過去の実績を書き連ねておけばひととおりのキャリアと能力をアピールすることが可能です。しかし異業種への転職の場合は応募先の業務と直接関係がないキャリアを書き連ねてもアピール材料に乏しいのです。そのため転職活動の際には前の職場での経験をうまくアピールできるよう工夫していく必要があります。単に業務内容だけでなく、その経験を通して交渉力やコミュニケーション能力、マネジメント能力といった業種を問わず評価される能力を強調していく工夫が求められます。この点が異業種への転職活動でもっとも大変かつ重要な部分といわれています。

そして何よりも大変なのが転職に成功した後の職場への適応です。転職は採用されればゴールではなく、あくまで新天地になじんで業務に適応できるようになった段階でひとつの到達点となります。異業種への転職の場合、新しい職場の雰囲気や人間関係になじむといった基本的な面だけでなく、業務そのものに慣れる、さらに前の職場とは根本的に異なるスタイルや理念に適応するといった点も求められます。この点は年齢を重ねれば重ねるほど難しくなっていくうえ、どうしてもプライドが邪魔をしてうまくなじめなくなってしまうことも多いのです。せっかくやりがいを感じられる仕事に転職できたにも関わらず職場になじめずに続けられなくなってしまうケースも少なくありません。

こうした大変な点を乗り越えて定着したところではじめて異業種への転職に成功したといえます。この点は転職活動をはじめる段階から踏まえたうえで転職先探しや準備を行っていくとよいでしょう。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら