異業種へ転職する際のコツ

異業種への転職については、難しいというようなマイナスのイメージが先行する人が多いでしょう。確かに全く未経験の異業種へ転職するということは困難が多いとは思いますが、強い固定観念を持って転職活動をせずに、もっと柔軟に対応することが異業種転職を成功させるコツです。就職活動中は全く想像もしていなかった異業種への転職をしている人は案外多いのです。

35歳までが転職の限界であるという説はよく世間では言われていますが、本当にそうでしょうか?実際、企業からの求人で一番多いのは20代から30代ですが、40代、50代でも異業種からの転職を成功させている人はいます。企業は年齢よりもその人の経験やスキルの高さに魅力を感じている場合は多いでのす。自分には何ができるのか、何が売りなのか、何をしたいのかをよく考えて転職先を探しましょう。異業種でからの転職であっても今までの経験が役立つ場合があります。先入観を捨てて自己分析をしてみましょう。

未経験者の採用は企業にとって非常にリスクが高いものです。しかし、同時に異業種からの転職者を採用するに当たってのメリットもあります。自分を採用するにあたってその企業が得るメリットを考えましょう。企業はその人のやる気やチャレンジ精神というものも大切に考えていますが、それだけではあまりにもリスクが大きすぎてなかなか採用にはいたりません。やる気やチャレンジ精神があるというのを前提に自分を採用するメリットをアピールするのです。業界が違っても、職種が同じならば今までの経験が大いに役立つでしょうし、企業にとっては斬新なアイデアを得るチャンスでもあります。

異業種への転職する際、収入アップや役職アップだけを目的にしないというのもコツです。確かに前職までの経験や仕事に対するプライドもあるとは思いますが、それを全面的に企業側にぶつけてはイメージが悪いものです。異業種への転職を希望するなら年収など最低限の希望をもって対応した方がいいでしょう。採用時の待遇があまり希望通りでなくても数年先の年収やポジションをイメージすることが大切です。ポジションを求めるということは年収はアップしますが、それだけ重責を求められるということを忘れてはいけません。

外資系企業に対して、ドライな対応で語学力がないと転職は無理というような先入観はないでしょうか?確かにそのような企業もありますが、語学力を全面的に問わないという外資系企業も多いです。外資系企業であるという理由で転職先から外さず、自分の仕事に対するデザインで転職先を選びましょう。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら