介護業界から異業種へ転職

介護業界というのは高齢化社会に突入している日本社会にとって非常に人材不足な業界です。それゆえに異業種からでも介護業界への転職は比較的容易です。専門の資格もあれば求人に事欠くことがありません。しかし、人材不足で今介護業界に働く人は、なかなか過酷な労働条件で心身ともに疲れ果てて、異業種への転職を目指している人は多いものです。

介護業界は非常に給料安い、拘束時間が長い、一般企業に比べて人間関係が複雑、将来性が低い、責任が重い・・となかなか厳しい労働条件です。ここで数年間でも耐えて仕事してきた実績はきっと他業種でも役立つと思います。

介護業界はスキルもかなり特別なもので異業種に転用しにくいかもしれませんが、一からまた学ぶつもりでチャレンジする気持ちがあれば大丈夫です。最近は若い人も介護の職に新卒から就職する人も多いですが、もし異業種への転職が頭に浮かんでいるのであれば、できるだけ早く行動に移した方がいいです。異業種への転職というのは企業としてはほぼ経験もスキルもない一からスタートの人を採用するという気持ちですので、少しでも若いという条件を生かすためです。介護業界が厳しい労働条件であるという認識は企業側も分かっているのでやる気があれば退職理由も比較的理解してもらいやすいかもしれません。

しかし、なぜ転職することになったのか、この企業に興味をもったのかをポジティブに論ずることができなければいけません。間違っても、介護業界に嫌になったから・・というようなネガティブな理由は印象が悪いので理由にしないようにしましょう。

もし転職するならば、顧客に老人を主体とする業種や介護用品のメーカー、販売店、リーズ会社なども今までの経験が役立ちます。これらの営業職で施設での実際の介護経験のある人も珍しいでしょう。住居環境のコーディネーターなどの資格を取って就職活動するのも軸のずれない転職活動になるので説得力があります。

介護職にもいろいろな資格がありますが、ソーシャルワーカーや介護福祉士の資格があることで病院に転職する人もいます。

また看護師や准看護師を目指して看護学校を受験するというのもいいでしょう。少し勉強が大変かもしれませんが、年齢制限のない資格ですし、介護業界と同じように人材不足で就職には苦労しません。しかも、労働条件は介護関係の仕事よりも格段に改善されるので若い人には特におススメです。思い切って勉強の為に退職しても介護業界はいつでも戻ってこられる業界です。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら