工場から異業種へ転職

工場勤務から異業種転職するにあたって、自分が工場業務において何をしてきたのか、何ができるのかを振り返って把握しましょう。工場でも工員、オペレーター、経理担当と職種もさまざまです。

異業種への転職は企業としてはスキルや経験、実績を求めて求人しますので、全く経験なしでの採用というのはよほどのやる気を認められた場合を除き、なかなか実際のところ難しいものです。特別なスキルを持った工員などは他メーカーからの引き抜きなどで待遇も改善された転職になりますが、異業種でも同職種ならば転職の可能性もまだ比較的高くなります。全く未経験の異業種、異職種だとよほど若い人は転職できる可能性がありますが、35歳を過ぎてしまうと特別のスキルのない経験ゼロの人は正社員としての転職は非常に厳しくなります。

工場勤務でも経理担当などは工場の経理全体を把握していたり、管理できるノウハウを持っているといろいろな業界の経理には仕事で通ずるところがあるので異業界の転職も可能性があります。

工場から異業種への転職を考えるならば、まず現状の仕事を維持しながらの転職活動が望ましいでしょう。事務職を希望するなら、働きながら仕事のスキルを上げ、最低パソコンの基本操作くらいはできるようにしておく必要があります。フォークリフトや、クレーン、大型車、溶接などの資格などがあると、建築業関係も可能です。

接客や営業、その他全くの未経験業種への転職を望むなら、給料や待遇が下がるのを覚悟して転職しましょう。正社員での採用は実際非常に厳しいかもしれませんが、長期的に見て正社員としての採用の可能性があるならチャレンジしてみるのもよいかもしれません。いずれにせよ、自分のやる気と仕事への姿勢と実績が全てです。

希望の業種や会社があるならば、ダイレクトに一度目の転職でその企業に採用されたらラッキーですが、そうでなかった場合はとりあえず、その希望企業の業務に重なるスキルを他の企業で身につけるという気持ちで異業種に転職するのも方法です。

同業種への転職ならば、知人を通じて転職したり、取り引き先の会社からの誘いで転職の道が開ける場合が多いですが、異業種への転職は情報が少ないというのがネックです。情報を得るためにも転職エージェントに人材登録をしておくことは大切です。自分の条件にあった就職先がある場合は連絡をくれますし、各企業の人事部との関係も密なコーディネーターがいますので安心です。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら