金融業界から異業種へ転職

銀行で法人融資を経験したことのある人や投資銀行でのキャリアがある人はいろいろな異業種の企業の財務マネージャーとして転職する道があります。特に成長株であるベンチャー企業や新興の上場企業は財務の管理部門に専門の金融知識をもった若い人を採用する傾向にあります。

30歳前後の若手の金融出身者でも、一流メガバンクなどでの経歴があると前職よりも待遇よく華やかに転職するという人も多くいます。しかし、それだけ高いポジションで転職するからには若手でもそれなりの期待に応えなければいけないというプレッシャーがあり、決して甘いものではありません。

企業はその人の背後に前職の金融機関の信頼を買っている面もあるので、企業の銀行対応や交渉等の仕事などを任される傾向にあります。銀行対応の他、企業の投資化への対応もあります。非常に専門的な知識を求められますので、転職希望者は日々努力し続ける必要があります。

投資銀行やコンサルティングファームでの経験のある人は、あらゆる業界のM&Aチームなどへの転職が可能です。M&Aのような、かなり高度な知識を必要とする場面には外資系企業、国内企業、ベンチャー企業は会社外から専門のスタッフを揃えます。M&Aは経営企画と財務管理を全体的に判断し企業の進むべき方向性を管理していくという需要なポジションです。

今までの経験でM&Aなどの経験があるなどすると有利ですし、それを成功させた場合はその企業でどんどんキャリアアップできる可能性もありますし、他企業からのヘッドハンティングの対象となることでしょう。前職までの経験が多いほど役に立つので若い人だけでなく、シニア層の求人も多いです。

保険業界でスキルを積んできた人は、宅建やファイナンシャルプランナーなどの資格を持っている人が多いのでそのようなスキルを活かして、不動産関係への転職をする人がいます。しかし、経験がなくて資格だけ持っているという場合は35歳までの転職でないとなかなかその資格を活かすことは出来ません。

相対的に、金融業界から異業種へ転職して、年収が増えたり、待遇がアップするような転職というのは非常に難しいと考えておきましょう。金融業界から金融業界への転職はスキルを活かした転職であれば比較的専門分野を活かせる仕事があるので、全くの異業種を狙らっている人は60歳までの仕事に対するビジョンをある程度描いて転職した方がよいでしょう。転職するたびにキャリアが下がるという負のスパイラルに巻き込まれかねません。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら