ゲーム業界から異業種へ転職

ゲーム業界から異業種へ転職する人は基本的には少ないです。異業種といってもWEBデザインやコンピュータープログラムなどの分野へ転職する人は多いです。これらの仕事は今までのゲーム業界で培ってきたスキルや知識を活かせるので異業界と言えどもハードルが低いのでしょう。また映像のプロダクションやシステムの開発関係の企業も同じように転職する人が多いです。

最近はゲーム機のCGの性能が非常に良くなったために、映画やテレビのCGとの品質の差がなくなってきました。映画やテレビのような高精度の映像をゲーム機も搭載できるようになり垣根がなくなりつつあるのです。このような分野への転職は比較的容易で知識も技術も共通するところが多いのです。

ゲーム機開発で使われる知識や技術を持っていることで、それらを教えるという仕事への転職という手もあります。WEBデザインやシステム開発という技術は非常にニーズの高い分野ですので、コンピューター関係の専門学校や大学の講座を受け持つ講師という職もあります。専門学校や大学といったところは特に特別な教員資格というモノがなくても強弁を取ることができます。高度なスキルさえあればできる仕事です。このようなスキルは近年非常に需要のあるスキルですので転職サイトなどからの検索でも求人はあります。人脈を伝って講師を頼まれたりする場合もあるようです。

コンピューター関係に高いスキルを持っている一方で、教員免許を持っていると、小学校や中学校、高校などのIT関係の教育に関わる仕事にも有利です。ゲーム業界という異業種からの転職も好意的に働くでしょう。

ただ、ゲーム業界というのは割合自由な社風をとる企業が多いものです。就労時間も場所も自分の好きにしてよいという雰囲気に親しんだまま異業界に転職すると業界によってはその辺りに非常にシビアなところもありますので注意しましょう。出社時間が規則的で早めになったり、人間関係においても上下間の関係がフランクであるというような企業から堅苦しい規則に縛られた企業への転職は心身共にストレスがかかります。

ゲーム業界は企業自体が東京を中心とする首都圏関係に集まっているため、給与などの水準が地方などと比べて比較的高い場合が多いです。ですから、同じような感覚でWEBデザイン関係の企業などに転職しても地方の企業だと今までの企業と比較して待遇などが下がるので自分の中での印象が悪くなる場合がありますが、そのあたりは前向きに考えてみましょう。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら