訪問介護から異業種へ転職

訪問介護というのは肉体的にも精神的にも非常にハードな仕事です。超高齢化社会を迎える国内事情において訪問介護という仕事はなくてはならない仕事でありながら、まだまだ国が訪問介護などの介護職に携わる人たちの労働条件改善の取り組みが不足しています。そのため現在までに訪問介護の仕事へのやりがいを感じて懸命に働く人々までもが離職したり転職希望がある人が多いのが現状です。

訪問介護の仕事は介護福祉士やケアマネージャー、普通免許などの資格を有している人でも非常に給料が安いですし、仕事の拘束時間も長い、またお年寄りの生活を一からサポートしているので責任もあり非常にハードな仕事です。この仕事を数年間でもやりがいを持って続けてこれたという実績は異業種への転職の役に立ちます。

異業種への転職というのはどの業界からの転職も非常に難しいのが現状です。特に新卒の段階でこの訪問介護の世界に入った人にとってはその介護関係のスキルや経験が全てですから、若い人でも異業種への転職が困難になってくるわけです。

異業種への転職は20代か、30代前半までが有利ですので、異業種への転職を考えている人は早めに就職活動をしましょう。若い人はチャレンジする気持ちがあれば全くの未経験でも採用の可能性はあります。しかも訪問介護をはじめとする介護の世界は非常に人材不足ですので、最悪、転職先が見つからなかったり、自分の希望に合わなかった場合もほぼ100パーセント復帰できます。

企業が中途採用を採用する場合は基本的には即戦力になる経験やスキルを持ち合わせている人を探しています。訪問介護を経験してきた人は、老人とのコミュニケーションのプロですし、老人の方の生活全般を支えてきていますので現状をよく把握しています。このようなスキルを利用してみるとよいでしょう。高齢化社会に対応するために各メーカーなども高齢の方のニーズに合わせた商品開発をしているので、老人介護のノウハウを持っている人のリアルな意見というのは非常に企業としては参考になるでしょう。老人介護用品メーカーや販売店、リース店などにもこのスキルは応用できます。

もし、勉強するのが嫌でなければ看護師や准看護師、医療関係の資格を目指すとよいでしょう。介護関係の専門学校は入学も比較的簡単ですが、看護専門学校や医療の専門学校は入学試験も数学や英語など学生に戻って勉強をしてまず入学しなければいけません。医療関係の専門学校は人気が高いので入学するためのハードルも高いですし、国家試験をパスするための勉強も大変です。しかし、このような専門の資格があれば非常に安定した雇用条件での転職が可能になります。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら