ホテル業界から異業種へ転職

ホテル業界というのは、24時間体制でお客様の満足を影で支える仕事です。一見華やかな業界ですが、自分の時間を犠牲にしてお客様に対応するわけですから、精神的なストレスもかなりかかるので本当に重労働です。時間の拘束が長く、精神的にも疲れる仕事でりながら、給料面が安いのがホテル業界から転職したい人の理由の一つです。

しかし、ホテル業界での経験やスキルを異業種の仕事にも生かすことはできます。ホテル業界で働いてきた人は、常に周りへの気配りと目配りをし、誰が今何を求めているのかというものを常に感じ取る習慣があります。またコミュニケーション力は他業界に比べて非常に必要な業界です。英語などの言語スキルもないとなかなかできない仕事ですので、このあたりを転職活動に生かして自己PRや志望動機にしてみるのもいいのではないでしょうか。

ホテル業界からの異業種転職でも多いのはサービス業関係です。レストランなどの飲食産業はホテル仕込みのサービススキルを転用して仕事に活かせます。また旅行業界などもホテルの仕事とも重なる部分が多いので転職者が多いです。語学力を生かして輸出入関係の企業や日本企業の海外事業担当者や外国企業の日本法人を狙うというのもよいでしょう。

異業種でも事務職などへの転職を考えているひとは、パソコンスキルなどがある方が望ましいです。転職活動をしながらでもいいので役立つスキルを勉強しましょう。ただ、お客様相手の仕事に慣れているホテル業界の出身者は、企業の事務職に仕事の面白さをなかなか見出せず、ホテル業界に戻ってくる人も多いです。どうしても事務職は数字しか見ないというようなところもあるのでなれない人にはストレスを感じます。そのあたりは覚悟して転職しなければいけません。

企業の人事担当者はやはり前職までがホテル業界ということを聞くと、人を満足させるスキル、人当たりのよい振る舞いや風貌、常に気配りをしているので観察力や洞察力があるというような認識をします。いわば、サービス業の中でも最高のおもてなしのスキルを持っているというプロであると判断します。

不動産業界などは、ホテル業界で培った人当たりのよさを高く評価するようですし、40代、50代の人でも特に一流ホテルといわれているホテルの出身者は高級なサービスを提供する企業からはそのホテルマンとしてのノウハウを評価し採用するようです。例えば高級車のディーラーなどです。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら