生保業界から異業種へ転職

生保業界から異業種へ転職する場合にはどの職種から目指すかによって状況がかなり異なってきます。生保業界といえば営業がまず思い浮かびますが、他にもさまざまな職種があるため、どの職種がどういった業種への転職に有利になるのかといった点をよく確認しておく必要があります。

生保業界の異業種への転職は全般的に見てやりやすい状況にあるといえます。先述のように営業職が多く、業種を問わず必要とされるケースが多いからです。また、経理担当者の転職も多く、こちらも業種を問わず転職をしやすい状況にあります。

営業職が異業種に転職する場合にはまずどうして生保業界から転職しようと決めたのか、理由をはっきりしておきましょう。営業職はどの業種でも同じような役割が求められる分異業種への転職がしやすい一方、どの職場でも同じような環境で働くケースが多くなります。生保業界での勤務に限界を感じて転職したはいいものの、新しい職場でも似たような環境で働くことになってしまうのでは意味がありません。生保業界で不満を感じていた部分を解消できるかどうかを重視して転職先を選んでいくことが重要でする

ポイントはノルマの有無でしょう。生保業界の営業職はもっともノルマが問われる仕事といえます。厳しいノルマの設定に耐えかねて転職するケースや、もっとゆとりのある環境で働きたいと考えるケースも少なくありません。異業種へ転職を目指す場合にはノルマが厳しくない、あるいはノルマの概念がない職場を探していくのが一番の選択肢となります。ノルマが緩いところはそれほどないでしょうが、自分がプレッシャーやストレスに潰されずに働き続けられる範囲内で働ける職場を探していきましょう。そのためには求人情報だけに頼らず、企業の就業環境にも深く踏み込んでいける情報収集が求められます。

他の職種も比較的異業種でもキャリアが継続しやすいのも生保業界の特徴です。先述の経理、事務はもちろん、IT関連を担当するスタッフも多いからです。それだけに異業種への転職といっても心機一転まったく新しい分野にチャレンジするのではなく、これまでのキャリアをできるだけ継続できる環境で仕事先を見つけていくことが前提となります。その分選択肢の幅が狭くなりますが、せっかくこれまで積み上げてきたキャリアと身につけてきたスキル・知識を活かすためにも現実的かつ厳選した求人情報探しが重要になるでしょう。また面接対策ではいかに生保業界での経験を自己アピールに組み入れることができるかが勝負の鍵となるはずです。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら