美容師の異業種への転職

美容師は転職が多い仕事です。華やかなイメージが強い反面、就業環境・待遇の面で不満を覚えることが多いだけでなく、勤務している美容院が閉店したため転職を余儀なくされるといった環境そのものの変化も理由として挙げられます。こうしたこれまでの職場では働けなくなった場合には同業種の別の店舗へ転職するか、まったく異業種へ転職するかの選択を迫られることも少なくありません。これまでの職場での経験から美容師という職業そのものに見切りをつけてしまうケースも多いのです。

美容師の異業種への転職はそうしたケースが多いため、職場探しの際には前向きな部分と前の職場の不満を解消するという現実的な部分のバランスが重要になってきます。新たに自分がやってみたいと思えるかどうかはもちろん、納得できる待遇・環境で働くことができるかどうかもチェックしておく必要があるわけです。美容師の多くはこの職業に憧れて目指し、ある意味夢を実現した形で就職したはずです。にも関わらず異業種への転職を決心する以上、夢や理想だけでは仕事は続けられないという現実の厳しさを痛感しているでしょうから、あくまで続けられる仕事かどうか、就業環境かどうかといった現実的な視点を忘れない転職先探しが求められるわけです。

まずこれまで働いてきた美容院にどのような不満点があったのかを確認しておきましょう。美容師の就業環境でよく指摘されるのが社会保険が完備されていないケース。安心して働ける環境かどうかを左右する非常に重要な面ですから、異業種へ転職する際には絶対に確認しておくようにしましょう。それから昇給・昇進について。美容師は指名制によるリピーターの獲得など成果主義が導入されている一方、その成果に対して十分な対価(昇給・ボーナス)が得られているとはいえない面もあります。せっかく美容師に憧れて就職したにも関わらずこうした環境面が原因で続ける気力をなくしてしまうといったことも少なくありませんから、転職先でそうした問題を抱えないように気をつけましょう。

美容師が異業種へ転職する場合、これまでのキャリアや身につけたスキルを継続するのは難しく、転職を機にゼロからスタートする気持ちで臨む覚悟が必要です。ただ、その分前の職場に縛られることなく職場を選ぶことができますから、人生そのものをリセットするくらいの気持ちで前向きに転職先探しをしていきたいところです。接客業で培ってきたコミュニケーションスキルを活かせるサービス業や営業職などがオススメです。

なりたいと思ってなった職業を辞めるのは辛い決断でしょうが、いい意味で人生の転機になるような転職活動を心がけていきましょう。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら