営業職の異業種への転職

近年は日本経済の景気回復傾向で、営業職の人材不足が各業種で叫ばれていますので営業職のスキルを持っている人は異業種への転職にはチャンスです。消費税アップで消費の落ち込みが一時心配されましたが、落ち込みは最低限に抑えられ今では消費ムードはアップしています。ですから、各メーカー、商社、広告業界も大手でも営業職の採用自体が増えています。中小企業も以前から人員不足ですから営業スキルをあらかじめ持っている人は売り手市場になるわけです。営業職から異職種へ転職を考えている人でもとりあえず異業種に転職してワンクッションおくと希望の業界で職種につける可能性が出てくるわけです。

特に慢性的に人材不足が不足している医薬品メーカーのMRや医療機器販売の営業職は採用が増えています。また以前は中途採用をしていなかった金融や大手メーカー、電機メーカーなども営業職種の中途採用者の採用を積極的にしています。

営業というのは個人営業や法人営業、飛び込み営業といろいろな形態がありますから、形態が違うと未経験ということになってしまいますが、日ごろお客様とのコミュニケーション力を必要とする営業を経験してきたスキルというのは業界が変わっても応用して実践できると企業担当者は考え、採用したいと思っています。そのような企業の信号をいち早く察知するためにもハローワークや転職エージェントへの人材登録は欠かせません。大手の転職エージェントなどは情報量も多いですし、各企業の人事担当者との関係も密ですから安心です。

女性で営業職をしている人も今が転職のチャンスです。多くの企業が女性の人材確保の為に育児休暇や産休、介護休暇、育児のための労働軽減制度を取り入れてきています。このような絶好の転職機会に是非自分のキャリアスタイルを見つめなおし、転職してみるものよいでしょう。

営業職から異職種に転職したい人は、やる気と何かしらの資格やスキルがあったほうが転職しやすいです。営業職は特別な資格などは要りませんが、誰にでも出来る仕事ではありません。対人間とのコミュニケーションスキルというのはどの職種でも必要不可欠です。そのあたりのスキルを次の希望業種の仕事と重ね合わせて自己アピールしましょう。転職活動はなるべく現職をやめないで活動することをおススメします。仕事をしながら転職情報を得たり、スキルアップのために専門の学校に通ったり、独学で勉強するほうが精神的にも楽です。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら