デザイナーの異業種への転職

デザイナーというクリエイティブな仕事ながら、事務職よりも給料が安いというような待遇で働いている人は多くいます。サービス残業が当たり前で、ボーナスもない非正規職という場合は将来性を悲観して全く異業種へ転職を考えるときどのような職業が考えられるでしょうか。

デザイナーという職業柄、一般的な人と比べるとセンスがあったり、鋭い美的感覚があったりする場合が多いので、そのような面を生かした転職というのも今までの自分の経験やスキルが使えるので本人にとってもよい転職といえます。

ファッション系の販売業はダイレクトにセンスが生きる職業です。前職が服飾関係のメーカー勤務のデザイナーなら作る側から売る側に変わりますが、仕事に共通する部分もあるので転職しやすいです。接客業の経験がないとなかなかお客さんとのコミュニケーションということに抵抗があるかもしれませんが、そのあたりはやる気でカバーしましょう。

クリエイティブな仕事が好きならば、イラストレーターや製作会社でコピーライター、カメラマンやスタイリスト、インテリアコーディネーターというようなダイレクトに才能を生かす仕事を選択する人も多いです。カルチャーセンターや専門学校、予備校などで美術系の講師の募集もあります。

このような業界は口コミや知人からの紹介で転職を成功させるパターンが多いので、まず転職したいと思っているというアピールをしておきましょう。ハローワークなどには表面上でてこない求人というものは案外多くあります。

全く経験したことのない、企業の営業職や事務職という職種に付きたいならば、まずはハローワークや転職エージェントの人材登録をしてみましょう。自分でもこれはという求人が出たらまず未経験でも応募してみるといいです。最近でも慢性的な人材不足もあって未経験でも応募可能な企業が多くあります。基本的に企業は中途採用者には即戦力となる実績とスキル、経験を求めていますが、やる気があれば全く異業種からも転職できます。ただ、事務や営業職に付きたいならば多少なりとも簡単なパソコンのスキルくらいはあらかじめ持っていないとなかなか採用にはいたりません。日ごろから少しずつ勉強しておきましょう。

看護師のような国家資格を持っていないとなれないような仕事は、全く未経験でも採用される場合が多いです。デザイナーというのはスキルがかなり専門的なので何か資格を取っておくほうのもよい考えです。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら