運転手の異業種への転職

運転手といってもさまざまな分野があります。バスの運転手、トラックの運転手、タクシーの運転手、企業の雇われ運転手などありますが、異業種異職種への転職というのはなかなかどの分野でも難しいものです。企業は中途採用者には即戦力となるスキルを求めますので運転手という職業柄、なかなか異職種への転職は何か経験のあるスキルがない人にはハードルが高いのが現状です。

しかし、運転手というスキルを使って異業種への転職は可能性が大きいでしょう。例えば鉄道会社系のバス会社の求人では、運転手というスキルなしでも普通乗用車の免許取得後3年という条件で求人していたりします。採用後に大型2種の免許を会社が取得させてくれるという待遇のところもあります。バスの運転手という経験がなくても同じように運転手という同職種からの転職の方が人事担当者にも安心感がありますのでこのような転職の仕方もよいでしょう。

フォークリフトなどの資格があれば製造業や物流業、倉庫管理などへの転職も可能です。

事務職や営業職を希望する場合でも、突然職種を変えるよりもワンクッション挟んで、まずは希望の業種や企業に入ることが大切です。希望の業種や企業にいると職種が違っていても転職のチャンスが断然多くなります。焦らずじっくり焦点を絞っていく方法もあります。

大企業というのは運送業や倉庫管理などの現業や小売業などの職種からの転職者をあまり受け入れないという体質があります。ですから、はじめから成長株の中小企業に狙いを定めて転職活動する方がよいでしょう。若い世代ならばなおさら経験がない人でもやる気のある人を積極的に採用しているような企業を見つけて転職しましょう。転職するにあたってはまず転職エージェントで自分の希望や持っているスキルを入力して人材登録しましょう。転職するには情報が全てですので情報のネットワークを多くもつエージェントがおススメです。

最近はリフォーム業界など工事が増えて業績が伸びている会社が多いです。中小企業でも専門的な技術をもって施行管理できる人材が常に不足しています。このような業界に新たにチャレンジしてスキルや経験を積んでいく転職もあります。人材不足の業界は未経験者を育ててまでも採用したいと思っているので運転手のスキルしかないと思っているような人にはおススメです。建築業界はいろいろな資格って自分のキャリアアップに繋げていけます。1級施工管理などの資格があれば大手ゼネコンなどへの転職にも可能性が出てきます。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら