一般事務の異業種への転職

一般事務の異業種への転職には2つの意味があります。これまで働いてきた業界から別の業界へ転職するケースと、一般事務から別の職種へ転職するケースです。一般事務の仕事はどの業界でも必要とされていますから、仕事の基本的な内容は変わらないまま異業種へ転職することも十分可能なのです。

そのため、他の職種に比べて異業種への転職がしやすいともいえます。自分が新たに働きたい、経験を積んでみたいと思える業界から転職先を探していけば幅広い選択肢から自分に合ったところを探していくことができるでしょう。

一方一般事務の仕事そのものを辞めて他の職種になるために異業種へ転職する場合には高いハードルが立ちはだかることが少なくありません。ビジネスシーン全般の傾向として一般事務のキャリアはそれほど高い評価を受けないため、職種も変える形での異業種への転職はなかなか思い通りにいかないことが多いのです。

このどちらの形で転職を目指すのかは年齢とも深く関わってくるでしょう。一般事務の仕事のまま異業種へ転職するのは確かにやりやすいですが、キャリアを重ねても昇給や昇進があまり期待できないケースが多く、どこかでキャリアアップと年収アップを目指して別の職種へ転職を目指さなければならないケースも出てきます。そうなるとできるだけハードルの高さを承知の上で若い年齢のうちに別の職種で異業種への転職を目指していくことも重要になってくるでしょう。これは単に転職先探しだけでなく、5年後、10年後のキャリアを決める上で、もっといえば今後の人生を左右するうえでも大きな決断となります。

その上で一般事務が異業種への転職を目指す場合には異業種からの人材を中途採用で積極的に受け入れている業種から候補を探していきましょう。ビジネスシーンにおけるさまざまな業種の中でももっとも異業種からの人材の受け入れに積極的といわれるのは商社関連だといわれています。次いでサービス業、メディア関連、小売・飲食関連です。商社の一般事務の転職などはハードルがかなり高くなりますが収入とキャリアの両方の向上が期待できるよい選択肢となるでしょう。

また職種も変えて転職を目指す場合には目指す職種に関連した資格を取得しておくのもオススメです。一般事務に就職・転職する際に資格を活かした方も多いでしょうから、それを改めて転職活動に活かすのです。このように、一般事務の異業種への転職は状況によって心構えやポイントが異なってくるので心して臨みたいところです。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら