プログラマーの異業種への転職

プログラマーがまったくの異業種へ転職するのは難しいといわざるを得ません。これは採用されやすいかどうかという単純な問題ではなく、せっかくこれまで身につけてきた専門的な知識・スキルを捨てることができるのかという職業における根本的な問題が立ちはだかってくるからです。現実問題としてプログラマーから接客業に転職するといったケースは考えられないでしょう。そのため異業種に転職するといってもあくまでこれまで積み上げてきたキャリアを継続できる職場を探していくことになります。

まったくの異業種へ転職するのは難しい一方、キャリアを継続できる職場を探すのはじつはそれほど難しくない状況にあります。現代社会はITの重要性が高まった影響でさまざまな業種でこの方面のスキルを備えた人材が求められているからです。

まずこれまで自分がどんな業界で働いてきたのか。IT業界やソフトウェア開発業界、ゲーム業界などプログラマーが活躍する業種も数多くありますから、異業種への転職事情もそれによって異なってきます。基本的にはプログラマーとしての知識・スキルは継続しつつ、就業環境を一新できるような職場を探していくことになります。そのためにもどうしてこれまで働いてきた職場を辞めようと思ったのか、どの点に不満を感じていたのかを明確にしたうえでそれを改善できる業界を探していくとよいでしょう。たとえばソフトウェア開発会社やゲーム開発会社は納期が非常に厳しく、納期直前になると連日の残業や休日出勤などかなり無理な就業環境を余儀なくされるケースがほとんど。それに耐えられなくてやめた場合にはWeb制作会社や企業のIT環境の構築・保守管理といった仕事への転職がオススメです。

企業の規模や将来性も見ておきましょう。プログラマーはソフトウェア制作会社やWeb制作会社など中小規模の職場で働くケースが多い傾向が見られますが、近年では大企業がWebを活用した宣伝・広告やイベント・プロジェクトのためにプログラマーを雇うケースが増えています。大企業と中小規模では待遇はもちろん就業環境にも違いが出てきます。大企業の場合は多くのスタッフが関わるため意思疎通やスムーズに業の進行が難しくなるといった面がある一方、将来的にはWebディレクターといった昇進の可能性も期待できます。それに対して中小気企業の場合は就業環境が厳しい傾向がある一方、特定の分野で専門的なスキル・知識を身につけていくチャンスに恵まれます。こうした点も考慮し、異業種への転職とはいえあくまでプログラマーとしてのスキルと知識を活かせる求人探しを行っていくのがポイントです。

異業種へ転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら